未分類

ほけんの窓口の無料相談は良い?悪い?評判が本当か体験してみた話。

はな
はな
こんにちは、当ブログ管理人のはなです。今日はほけんの窓口無料体験のお話です。

最近、もこみちくんのCMでお馴染みの保健の窓口。

いろんな業者の保険を取り扱っているということで、しっかり見比べて、より自分にあった保険が提案してもらえるとの噂。

で、気になっている人が多いみたい。

実は私、こういった無料保険相談の業者を2社利用したことがあります。

保健の窓口→保健マンモスです。
で、「保険マンモス」で出会ったFP(ファイナンシャルプランナー)さんとずっとお付き合いしています。

という話をすると、どうだったか話を聞きたがるお友達が多くて、みんな気になるんだなぁと思ったので、一社ずつご紹介しますね。

まず、今回は「ほけんの窓口」のお話です。

ほけんの窓口ユーザーは、20代後半〜30代の子育て世代も多い

私が保険の窓口を利用したのは、長女妊娠中のこと。
結婚して1年。
まだそれぞれに、独身の頃に入った保険のままで、「家族としての保険の形」になっていませんでした。

そこで、長女の出産に合わせて、全部の見直しを行い、家族に最適な保険の形にしたい!と思ったのが、保険相談を利用したきっかけです。

なぜ保険の窓口にしたのかというと、やっぱり最初は、家に知らない人が来ることに関して、ちょっと抵抗感があったので…

来店型の方が、敷居が低く感じました。

ドキドキしながらネットで予約。
確か、希望の日程を入力して選びました。

迎えた当日。

街中だったので、場所に迷ってぐるぐる…

やっと到着。

明るい店内で、結構他にもお客様がいらっしゃいましたが、話が聞こえない程度にはお互いの距離はありました

同じくらいの世代の方(20代後半から30代)が多かったのが印象に残っています

担当になったのは、すごく若いお姉さん。

ん?って思ったら、やはり新人さんだったようで、後ろに先輩的な方がついてきました。

どうやら、ひとり立ちして間がない様子。

ちょっとハズレかしら…と思いながら、早速無料相談開始。

家族構成や希望の保険を伝えた後、保険の仕組みの解説

まずは、簡単な家族構成やらをお話しました。
それから、どんな保険が希望か。

私は

  • 長女の学資保険
  • 私の生命保険
  • 主人とわたしの医療保険

を希望しました。

まず、保健の種類や仕組みについて、とても分かりやすく説明してくれました
終身保険とか、養老保険とか、言葉には聞き馴染みがあるけれど、どういう意味?って聞かれると、いまいちはっきり説明できない…

そういうものを、図も使いながら、説明してくれます。
時間はかかるけど、大切なこと。
すごく勉強になったので、正直これだけでも、無料相談の価値はありました(*´꒳`*)

ライフプラン表を作成し、生涯に必要なお金を計算

それから、ライフプラン表を作成しました。
食費とか、電気代とか、いろいろ聞かれながら、細かく入力していき、生涯どの程度のお金が必要かいつまでにいくら貯めないといけないか、そのためには今年いくら貯めるべきか、などが数値化されていきます。

このあたりは、新人さんだけあって、こちらが悩むと一緒に悩んでました。笑
ベテランさんだったら、ポンポン例とかくれるんでしょうけどね。
お陰で時間がかかるかかる。

本題に入る前に1時間くらいはかかりましたよ。

でも、しっかりとライフプラン表が完成しました。

学資保険の代わりに、積み立て型の生命保険に決定

そこから、今度は学資保険の話。
表を見ながら、もし私が死んだ時に、子供にいくら残ったら良いか、などを話していきます。

あ、うちは私が大黒柱なので、その前提で読んで下さいね。

うちの場合は、県外の私立大学に通えるけど、医大は無理かな…
くらいの600万円ちょっとが、高校3年生の年に貯まるものを作りました。

一般的なのは300万円のようですが、私は自分が国立しか選べなくて、すごく偏差値的に損をした思い出があるので、私立には行かせてあげたいという強い思いがあり、この金額にしました。

支払いは、子供にお金がかからない小学生の間に終わります。

子供名義の学資保険ではなくて、私名義のもので、私が死んだら1100万円おりるという生命保険機能もセットになったものです。

また、高校3年生の年に解約しなければ、かなりの利率が上積みされていきます。いつ解約しても構いません。

ただ、この保険はかなり内容が良かったみたいで、今はもうここまで利率が良いものはなくなってしまったそうです…
(現在の担当FPさんの話です)

そういう意味でも、良い提案だったようですね。

ということで、長女の学資保険と私の医療保険は、まとめて解決しました!

それから、主人の医療保険で数社ご提案いただき、いったん1日目はここまで!

2時間はいたと思います。
正直、頭がクラクラしました。

ご提案いただいたものを持って
「決まりましたらご連絡下さい」
と言われた気がします。

押し付けは全くありませんでしたが、正直2時間これだけのことを教えてくれたら、「やっぱり契約しません」とは言い難い…
そんな鉄のハートは持ち合わせておりません。

というわけで、1週間後くらいに「この保険にします」と、決めた医療保険を伝えました。
契約のために、再度訪問が必要です。

それから、健康診断の結果が必要だったので、保健の窓口提携先の病院に行くことになりました。

来店2回目。提携の病院へ行き、契約書にも記入

来店し、ほけんの窓口のお姉さんと一緒に近くの内科に行きました。

おじいさんと息子さんがしている小さな小さな寂れた内科で、一瞬で検査してくれました。笑

もう、ほけんの窓口と癒着バリバリ感ハンパないわ

お陰でスムーズ。

契約して、この日はすぐに終わりました。

以上、ほけんの窓口体験記です。

以下、まとめを。

ほけんの窓口の良かったところと、二度と行かなかった理由。

ほけんの窓口の良かったところ。

  1. 来店型なので、最初の訪問の敷居が低い。
  2. 接客はとても丁寧で好感が持てた。
  3. 押し付けはなかった。(ただし、それは私が契約する気満々だったからかもしれません)
  4. 広く明るい店内で安心できた。
  5. 保険について勉強になった。

です。

ただ、その後私は、主人の生命保険を強化したいと思った時に、他の無料保険相談を利用しました

なぜなら

  • 小さい子連れだと、家が1番楽だと思った。
    (というか、あんな長時間子供を待たせるのは無理だと思った)
  • 一生のお付き合いご出来るような、腕のいいFPさんに出会いたいと思った

からです。

店舗型のお店だと、良くも悪くもFPさんと距離があるような気がしました

実際、次に保健マンモスを使ってみて確信します

FPさんとの距離感が違う!

保険って、一生のお付き合い。
生涯で2番目に大きいと言われるお買い物です。

それなら、信頼できる方と、一生ご縁を持っていけたらと思います。

なので、私は保健の窓口を2度利用することはありませんでしたし、オススメするのは、個人のFPと契約している、保険マンモスの方です。

次回は保険マンモスのお話を書きますね。

>>保険マンモス無料相談のクチコミ。ほけんの窓口から乗り換えました。